ちゃりんこ北米縦断記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自転車旅149日目 San Diego

さてサンディエゴ2日目。

今日はサンディエゴの観光地として有名な米空母USS Midway museum へ行く。
なぜなら僕はミリオタだから〜。

このミッドウェイという名前は日本人なら誰もが知る1942年6月5日に起こったミッドウェイ海戦から名付けられた。
米海軍はこうした激戦地の名前をつけることがあり、オキナワ、イオージマなどの空母もある。
正規空母ではなく護衛空母だが。
ちなみにミッドウェイと名のつく空母は2代目。

その空母が今は博物館として公開されているとのことで行ってきた。


20171010030719688.jpeg


ちなみに外からみるとはこんな感じ。

20171010043028525.jpeg


中に入るとまずはF4F ワイルドキャット。
第二次大戦初期の米海軍主力戦闘機である。

日本の零戦にバッタバッタと落とされた。

20171010043029975.jpeg

そしてその後継機、F6Fヘルキャット。
防御力に優れる、零戦の弱点を突きまくった機体。
零戦はこいつにバッタバッタ落とされた。

さらに米海軍は対空機関砲の信管にVT信管を使用していたため、艦艇からの対空射撃には
零戦に限らず多くの日本軍機が撃墜された。

あまりに簡単に落とされるため、マリアナの七面鳥撃ちと揶揄されたこともある。

そうした日本人としては少し腹が立つこともあるが、仕方ない。
それが歴史である。
艦内では大平洋戦争の歴史DVDも流されていたが、完全に日本が悪者となっていた。
敗戦国の定めである。

2017101004302865b.jpeg

奥へと進むとCIC、ならぬCDC。
同じようなものである。
ここで戦闘の指揮を執る。

最新のものは見ることができないので昔のものであるが初めてみた。

映画バトルシップを思い出す。

この艦艇には階段が多すぎる。
自転車で体力がついたと思っていたがアホほど疲れた。
あとデカすぎ。
時間に余裕を持って行くことをオススメする。

艦内では日本語の音声案内を聞くこともできる。
無料で借りれるので是非。
スポンサーサイト
  1. 2017/10/12(木) 03:13:15|
  2. アメリカ カリフォルニア州
  3. | コメント:0
<<自転車旅150日目 San Diego | ホーム | 自転車旅148日目 San Diego>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。